キワモノプッツン女優の真性M山中モナのブログ



テンション落ちてる。。。


ダウナー。人に会う気力もない。


でも、これが仕事と言えば仕事なんだろうかと思うけれども、、、


人間としてせつない。


だけど、わたしの外側ではいい事が起きている。


image

眠い。

厳密に言うと、わたしは人間とセックスするのが下手なんじゃないか。抽象的な映像や抽象的な音楽とセックスする習慣があり、つまり、衣装のデザインに騙されて、着エロやるような人である。


なので、色彩の持つ力と音楽の持つ力って、すごいんだなあと感じた。
シラフで楽しめる感性を、これからも、養っていきたい。沢山沢山、センス(愛情)のトレーニングをしよう。子宮がぶっ壊れかけて頭もパンクするほどに、世界を好きになろう。


マカロンとパステルぽい色を使い、邦楽をかけながらセックスする人と遊んだ。
嗜好品は、日本酒と赤マルなので、ゴツい感じだったけど、色とセックスした気分だった。

プライベートでは、赤い部屋でずっとセックスしていた。お香の香りと大麻の香りが仄かに香り、ミニマルなテクノに、大画面に流れる映画やサイケデリックな映像。フワフワと、泳いだまま、自分が、部屋にいるんだか、Agehaにいるんだか、Wombなのか、りくいどなのか、ヴィジョンなのか、エイジアなのか、イレヴンなのか、分からない。

失うことや壊れることが怖くて作らない人もいれば、自分の痛みは問わずガンガン作ってガンガン壊すような人もいる。


image


いつも、黒づくめ、長袖長ズボンの野暮ったい自分。黒だから、彼らに歓迎されるのだろう。他人の色を壊さず、スクリーンのようなわたし。


でも、きっと長くは付き合えまい。
わたしは音ではないので、映像や空間の真の恋人にはなれない。

音、まだ気持ち良くなりきれない。
色彩や造形に対する反応の方が強いけど、音を勉強して、音に子宮が震えるようになりたい。


ねえ、テキストは誰の恋人に?
そして、それよりももっと無形なものは?

それすらも作り続けられない。
人生は長い。ハードルが上がり続ける。




...確かに、わたしは、プライベーでは、皆さんのような女性ではなく(異性愛でも同性愛でもない)モデル業をやっているため、肉体のサタンをモチーフとするアダルトビデオやストリップの現場に出入りするような怪しい人です。

スウェットやパーカーには、ハナクソやらチョコレートやらユニやらステッドラーやらと思し汚れがついています。稽古着に陰毛が付着している事もありました。
さらには、アホ毛が立っており、稽古に髪留めを忘れた時は、ホラーでありました。
そして、噂通り、メンヘラとジャンキーでもあります。カップルでODしたこともあります。
だけど、根本的に、恋愛や快楽に対してアンチテーゼという意識があります。子供を産む時の苦痛を軽減するためのホンモノの快楽なのに、快楽目的でっていう文化は、神への冒涜ではないでしょうか。

image

このページのトップヘ