「自分が挿入すれば、いい顔になっていい画が撮れると思ったし、それが出来るための契約もしたつもりだった。」というのが、犯人側の言い分です。


それで、初日の夜の行為が中途半端だったから、翌日の撮影の表情が悪かったのだと思ったらしく、撮影後も、行為を要求して来たようです。


でも、わたしには、好きな人が居たので、いい画にはなりません。


女体って、誰に挿入されても、挿入されるといい表情になるもなんですか?(笑)


それをわたしで試したかったのかもしれないけど、Vの撮影の仕方と発想が逆なので、怖くてドン引きました。


ごめんなさい。でも、作家としてある意味尊敬する。ただ、言葉で分かるように説明出来ない人なら、コンセプトがコンセプトなので、仕事できなかったです。


わかったのが今です。


本当に苦痛でした。