キワモノプッツン女優の真性M山中モナのブログ

カテゴリ: sketch






子宮に居た頃の記憶はありますか?とても苦しい思いをして、この世界に降り立ち、苦しみのあまり号泣と共に産声をあげました。そして、一生の間に様々な現象を経験します。



わたしは、



一生のうちで、たくさんの人を助けたり、幸せにしたい。



それが後に残らなくても全然良くて。



(夢を見させて、明日の朝まで生きさせてあげられる魔法だとか。)



返って来なくてもいい。



わたしもいつか、地球に還る。









富士の樹海とゲイパーティで回すDJにミックスを頼んだが手に入らないのだが、



完璧な日だった。



わたしはもう液体しか摂取しない生き物でいいと感じた。




空間奥からの逆光で、横向きに寝そべった他人の背中の隆起と沈降がARTぽいと最初思ったけど眠くて、ただし、眠いのはいい映像で。


背中全体に彫られた髑髏が笑っている。



うとうとしながら、あのまま死ねば良かった。



最初の三曲が後から効いて来て、割と単純作業のループのせいで、黎明にかけてアッパーになる。



変な錠剤などを買い込んでもらい、致死量も調べてもらい、殺して貰えば良かった。



人生がイッテる山のてっぺんみたいのを、静かに降下する。



なだらかなパルス。



肉体とは手離すと残酷なもので、次の日になったら知らない肉体に対して心臓が鼓動する。


でも恋ではない。



フラストレーション。気持ち良くない。


早く金を作ってこんなところからおさらばしたい。


スーツケースを大きいのに変えて、手荷物は入るだけにする計画を続ける。



ペットは死んでしまった。



あたしは、眠るように安楽死したい。




/


あたしも、眠るように安楽死したい。



あたしは、彼女じゃないから妊娠しない。



だから、幸福はここで打ち切り。


背中に髑髏も彫らせてあげられない。


よく言えば人魚姫の死骸の泡のように、


クラムボンはぷかぷか笑ってる、まるでシュルレアリズム。


泥の中に沈降したいのに、強制起動でまた朝が来る。


電車の音。環状線沿いの騒音。雀の鳴き声。



東京の朝の青。



お金だけ欲しい。抱かれるだけが仕事の人形になりたいのに。




image

image

image



級友達からは、わたしが何を言っても、非常識とか的外れとかトリップしてるとか、あるいは浅はかだとか、半分くらい虚構と言われるのだけれど、自分の何がオカシイのかというと、他人やモノを記憶する際の引き出しの名前がオカシイのだろう。

そういうキチガイがどこで生かされるかというと、アダルト産業の商業の撮影やイベントである。

ラヴァーの衣装を特注するなら、普通の黒ではなく、蛍光系のグリーンに白チャックにするとかねwもはや何のコンセプトなのか分からないw三枚目は、社長かマネージャーが選んでくれた衣装だけど、すごく素敵なスタイリングだった。


これは不採用になった写真 w
image




美術大学周りでは学生のレベルが高すぎて相手にされなかった感性を、アダルトの仕事で発揮することができたかも。

でも、disってきたひと達は、いつも、最期まで面倒みてくれる人。
アダもノンアダも。


楽しかった^^


さらに最近の私服もクレイジー♪♪

image


撮影で使わなかったクロックス...。

image



ストリップのお衣装。着てるのはペアだけど。この人、何着ても似合うけど踊りやすい衣装で良かったね。

image



ちゃお。






鳴かぬなら殺してしまえ ホトトギス
鳴かぬなら鳴かせてみせよう ホトトギス
鳴かぬなら鳴くまで待とう ホトトギス
鳴かずとも幸福で居ろ ホトトギス























先日のライヴ。、。自分の中にコンセプトがきちんとあるそうだから、自分の中から湧き上がったものなんだろうね、凄いなって感じた。


ある演出家によると、「上演とは、どうしてもその時、湧き上がり上演せざるを得ないもの、どうしても表現しなくてはいけないと感じてやる」のが良い(枯渇によって衝動が湧き上がるのは良いもの?)らしい。


確かに、サムシンググレートはないけれど、人間にはどんなポテンシャルがあるか分からないから、その時、自分で理解出来なくても、あるものはあるのかもしれないね。


そのバンドマンは前に話した時に「自分は良さはあるもののつまらないものだろう。だが、同時に、スタンリー•キューブリックを観たら、ホンモノがあるって信じられるようになった?」等と仰っていたよ。


オーディエンスとして居る事は、無音である事や感情を作ろうとしない事だから、外側の音がバイアス無しに聴こえてくる。


先日のライヴでは、外側の音(※1)や映像(※2)に集中し気付く事(※3)の時に、感覚が浮かび上がって来るから、感覚に訴えかけるために理論で構築されているのを感じた。あのバンドは、あのハコが原点で、情緒的なロケーションが好きだから海外移住を選んだのかな。いずれにせよ魅力的。


※1自分が声を発する時は、自分の身体の中に振動が伝わり、外の音も聴こえます。たとえば、倍音声明をしていると、共鳴によって普段は聴こえない音が聴こえるらしいです。あのハコは、壁の反響が良かったのか、鞄にサックスが響いたし、最後に加わった楽器と歌詞は、ハートに残響が残った。細かいところもとにかく良かった。


※2目で観る映像と脳で観る映像があるのだけれど、おそらく脳で映像を観た時に、壁画とかバンドメンバーの圧とか前の方に居る観客のノリの揺れで映像がグニャりとしているのが良かった。途中で照明の不安定による暗転があったけどスニアノイズみたいだった。


※3 ヴォーカルが絶妙なタイミングで切ったり、後ちょっとハートの真ん中に欲しいっていう時に、想像してなかった気持ちいい音色が途中から来る。


グッバイ。

このページのトップヘ